渡辺パイプ

○渡辺パイプの概要

渡辺パイプとは、東京都中央区に本社を構える企業である。創業は1953年12月8日、
設立は1957年4月15日。代表取締役社長は渡辺元。事業内容は水と住まいの事業部、グリーン事業部に分かれ各種展開している。

会社名 渡辺パイプ株式会社
本社 〒104-0045 東京都中央区築地5-6-10浜離宮パークサイドプレイス6F
Tel.03(3549)3111(代)
創業 1953年12月8日
設立 1957年4月15日
資本金 8,100,024,000円
代表者 代表取締役社長 渡辺 元
従業員数 4,260名(2016年4月現在 グループ合計)
年商 2,235億円(2016年3月期単体)/2,525億円(2016年3月期グループ計)

主な納入先
全国建設・土木・設備会社、全国水道工事店・電気工事店・工務店・リフォーム店、ハウスメーカー各社
全国水道事業体・工事協会、全国管工事協同組合
全国農業事業団体・協同組合・農業資材販売店ほか

主な取引金融機関
三井住友銀行東京中央支店 みずほ銀行東京営業部 商工組合中央金庫東京支店
京葉銀行船橋支店 千葉銀行錦糸町支店 三菱東京UFJ銀行本所支店


業務内容
【水と住まいの事業部】
・ 管工機材の販売
水道機材、衛生器具、給排水金具、配管材料ほか
・住宅設備機器の販売
空調機器、浄化槽、厨房機器、給湯機器、建材ほか
・電設資材の販売
電気工事材料、電線、照明器具、家庭電化品ほか

【グリーン事業部】
・温室の設計・施工、販売
各種温室の設計・施工、各種グリーンハウスおよび部品・資材、各種被覆資材、灌水装置、自動カーテン装置、天窓・側窓開閉装置、冷暖房装置、温室環境制御装置、養液栽培システムほか

○事業内容

<水と住まいの事業>
管材、建材、電材、住設・・・。
住まいに関する商材・サービスをワンストップでタイムリーにお客様をバックアップ。
(主なお客様:水道設備工事店様 土木工事店様 電気工事店様 ゼネコン様 リフォーム店様 工務店様 ハウスメーカー様)

【ライフライン】
ライフラインを支える日本全国の水道設備工事店様、土木工事店様、電気工事店様などへ、確かな品揃えとタイムリーな配送を中心に、付加価値の高いサービスで商品を届けているのだそう。
・水工
「商品に安心のサービスを添え、ジャストインタイムでお届け。」
1必要なときに
必要なときに、必要な場所へ、必要な量だけお届けしています。
2加価値を添えて
付加価値の高いサービスとソリューションを商品に添えて、お届しています。
3総合力でバックアップ
「商品」「ネットワーク」「配送」から生まれる総合力で、お客様をバックアップいたします。
取り扱い製品一覧:鋼管・鋼管継手類、塩ビ管・塩ビ管継手類、銅管・ステンレス管・ポリエチレン管及び継手、バルブ類、防振継手、給水関連資材、耐火二層管・継手・ダクト類、インバートマス・排水金物類、支持金具類etc

・土木
「エキスパートがきっちりお応えして工事を支援。」
1確かな商品を品揃え
上下水道資材に関する確かな商品をきっちり品揃えしています。
2納期にきっちりお届け
ご注文いただいた商品は、納期にきっちりお届しています。
3お返事は迅速に
お問い合わせには、迅速にきっちりお応えしています。
取り扱い製品一覧:鋳鉄管、異形管、コンクリート管、陶管、合成樹脂管、配管用鋳鉄管、可とう管・弁類、ボックスカルバート、マンホールetc

・電工
「ビルや住宅の電気設備に関わる商材を、必要なときに必要な場所へお届け。」
1弱電から重電まで
電球やケーブルはもちろん、防災、セキュリティーなどの安心に関する商品もお届けいたします。
2納期にきっちりお届け。
ご注文いただいた商品は、納期にきっちりお届しています。
3電気設備はすべてお任せ
設計の段階からいろいろなご提案をしています。
取扱い製品一覧:電気工事材料、電線、配電機器、電気設備、照明器具、通信機器、電気用管路材・ダクト、防災機器etc

・設備
「あらゆる規模や種別の設備工事部分を迅速にお届け。」
1あらゆる設備工事に対応
給排水・空調をはじめ、あらゆる種別の設備工事に対応しています。
2何より納期を厳守
スムーズに工事をしていただけるよう、商品は納期にきっちちお届けします。
3総合力でバックアップ
渡辺パイプならではの「商品力」「ネットワーク力」「配送力」で、お客様の工事をバックアップいたします。
取扱い製品一覧:各種管工機材、プラント機材、配管システム、店舗・オフィス用空調機器、空調システム、業務用給湯器、業務用換気扇、コールドチェーン機器、ろ過装置、ポンプ、計装機器etc

【ライフスタイル】
人々の住まいに関わるライフスタイル事業では、住宅設備や建材を日本全国のリフォーム店様、工務店様へお届け。
お客様がエンドユーザー様からの信頼を獲得されるよう、住設・電材の業界No.1のワンストップソリューション・サプライヤーとしてサポートしてくれるらしい。
・住宅、設備
「システムキッチン、ユニットバス、洗面化粧台など住宅機器に関するあらゆる商品をジャストインタイムで届けてくれる。」
1構造材から住設機器まで
建築に関わるあらゆる商材をご提供。施工のニーズにもお応えしています。
2最新資料などもすばやく
主要メーカーとのオンライン化を実現。最新資料やプレゼン資料を素早くお届けします。
3ご要望にあわせてアッセンブル
国内外のメーカー製品をお客様のご要望に合わせてアッセンブルしてご提案いたします。
取り扱い製品一覧(建材):内装材、床材、調湿建材、断熱材、扉、サッシ、外壁材、屋根材、光触媒、雨とい、門扉、フェンス、テラスetc
取り扱い製品一覧(住設):システムキッチン、ユニットバス、洗面化粧台、給湯器、エコキュート、浴室暖房乾燥機、空調機器、浄化槽、照明器具etc

【配送・ネットワーク】
納期こそビジネスのすべてです。きっちりお届けしています。
商品も、そしてサービスも。
全国2000台の車で配送しています
1「納期こそビジネスの全て」を実践
お客様が必要とされる商品は、サービスセンターの倉庫にきちんと在庫。お客様からの発注データを元に、迅速かつ的確に商品を揃えて届けてくれるのだそう。
2タイムリーな配送
緊急を要する場合も、まずは渡辺パイプに連絡すると、必要な商品を必要な場所へとタイムリーに届けてくれるらしい。商品の欠品はお客様に多大な支障をきたすからこそ、困ったときに連絡すれば、全力で対応してくれる。
3「ワンダー元気ネット」を利用すれば、全国の配送対応エリアを確認可能
渡辺パイプは、全国に営業と配送の拠点となるサービスセンターを設置。「ワンダー元気ネット」に登録すれば、パソコン上で都道府県別にサービスセンターの場所が確認できるらしい。

【情報システム”ワンダー元気ネット”】
インターネットサービス「 ワンダー元気ネット 」は渡辺パイプ株式会社とお取り引きのあるお客様を対象とした会員サイト です。知りたい時に、知りたい情報を簡単に入手できます。そして、手軽にいつでも発注できるのが「 ワンダー元気ネット 」の魅力らしい。
「ますます充実のコンテンツをぜひお見逃し無く!」とのこと。
・ワンダー元気ネットのメリットとは?
IDやパスワードの取得、ご登録料はすべて無料。
インターネットで、24時間いつでもご発注可能。
お客様独自のチラシやおすすめ商品の提案書など、営業ツールが無料で簡単に作成することが可能。
「得得広場コーナー」では超お買い得商品をご用意。
・サービスや機能の充実度は?
お客様のお買上実績情報を簡単ダウンロード。
各種サービスメニューも画面上で簡単に申込可能。
行事予定や展示会、セール情報など、お知らせコーナーも充実。
便利なサイトとのリンクをたっぷりご用意、簡単に接続できます。
日々のお仕事に役立つ最新の業界ニュースを毎週更新。
日本全国の配送可能エリアを簡単に確認できます。

【水と住まいの事業部 グループ会社】
「すべてはお客様のために」という合い言葉を基本に、さまざまな専門領域の事業をネットワークして、そのしなやかな連携から生まれる効果や効能を、次の時代のソリューションに加工してお客様へお届けしているとか。
*グループ会社については以下のURLを参照してください!

【事業部発行物】
渡辺パイプでは事業部ごとにオリジナルの刊行物を発行しているのだとか!
冊子では事業部に関するより詳しい情報をご用意しております。
・水と住まいの事業部 事業案内
水と住まいの事業部のサービス内容や商材などについてをご紹介しております。
・SEDIA EXPO
取り扱いメーカー各社のこだわり商品や最新技術を満載した水と住まいの事業部のオリジナル冊子です。
・設備・資材カタログ
取り扱いメーカーの設備、水道工事商材をピックアップしてカタログにしました。  *平成27年5月現在の参考価格を掲載しております
・Lifestyle MEMBERS
水と住まいの事業部のサービス内容や商材などについてをご紹介しております。
・ルームエアコンカタログ
畳数別に5メーカーのルームエアコンを一覧でご覧いただくことができます。

【取り扱い仕入先】
*一覧はこちら



<グリーン事業部>
総合グリーンデベロッパーとして、農業用ハウスはもちろん、栽培システムも、肥料も。安心のサービスを添えてお届け。
(主なお客様:生産農家様 JA様 農業資材店様 ゼネコン様)

【グリーンハウス】
パイプハウスから大型ガラスハウスまで。
渡辺パイプのフルラインナップをご紹介!
1信頼の技術
市場投入から40年、様々なパイピング技術を駆使して供給するこだわりのパイプハウスらしい。
2豊富なラインナップ
大規模温室ビニールハウスから簡易型まで、オールジャンルを揃えているそうです。
33年間保証
3年間保証でユーザーも安心。

強さと使いやすさが好評の低コスト温室
パイプハウスの特長である簡便さを最大限に活かしながら強度を兼ね備えた、とても経済的な温室。丸い形状なので、農ビフィルムやPOフィルムなどの軟質フィルムをたるみなく展張できるらしい。

大規模集合型温室の未来を担う
大規模栽培に最適なダッチライト型温室です。採光性と通気性に優れ、高い軒高が夏の高温障害を抑制するので、安定した環境を約束してくれるのだとか。

あらゆる大規模栽培に、ワイドに対応
屋根が左右対称なので、受光量が均一で、通気性にも優れています。また、間口は6m~24mなので、積雪地帯も強風地帯も幅広く対応。被覆材は、硬質・軟質フィルム、硬質板、ガラスまで幅広く選択可能。

【栽培システム】
ガイアは施設農業のメリットを最大限活かしてくれる養液栽培システム。このシステムは用途や作物によって種類を選べ、「もうかる」といわれている周年栽培で利益UPがのぞめるのだそう。これにより計画的に作物を栽培することが可能に。
1安心収入と雇用
栽培システムのコンセプトは「もうかる」「あんしん」「ローコスト」「らくちん」!
21年間多品種栽培
ガイアイチゴの他、葉菜類専用システムでは、ほうれん草、サラダ菜など多品種が栽培できます。

施設農業のメリットを最大限に活かす
渡辺パイプの養液栽培システム“ガイア”は、作物や用途にあわせていろいろ選べる栽培システ ムらしい。
■ガイアのコンセプト
周年栽培で収益アップ。おかげで計画的に作物が栽培できます。
■「あんしん」
病害虫対策も安心。減農薬栽培が実現します。
■「らくちん」
作業負荷を軽減するなど、快適な作業環境を実現します。
■「ローコスト」
シンプルで無駄のないシステム。ローコスト化を実現します。

【特殊温室】
熱帯温室、レジャーセンター、フラワーパーク、レストランetc・・・・
渡辺パイプでは、温室設備をトータルコーディネートしてくれるそうです!
1観賞用温室
お客様の様々な用途に合わせてデザイン性豊かにトータルコーディネート。
2研究用温室
高度なリクエストにもきっちり対応してくれるらしい。
3建築トップライト
確かな資材、高度な施工技術、充実したメンテナンス体制を常備。

大規模な構造物や特殊な設計にもフレキシブルに対応した観賞用温室
観賞用温室は特殊な設計・構造に対応した大温室・ドーム型温室・熱帯温室などなど、各種取り揃えているそうです!ザイン性と採光性を兼ね備えた温室を提案してくれるとか。
■施工例
・京都府立植物園観賞温室(建築面積4,612.7m2)
・兵庫県フラワーセンター観賞温室
・熱川バナナ・ワニ園(建築面積 6,746m2)
・浜松フルーツパーク展示温室(建築面積2,801.34m2)
・鳥取フラワーパーク(建築面積 1,955,68m2)
・吉川ロータリーゴルフクラブハウスレストラン
*渡辺パイプのホームページには実際に手掛けた温室の写真が掲載されているので、ぜひご覧くださいませ。どれも圧巻です(*^_^*)

研究用温室
独自開発の構造と部材仕様により、優れた耐久性・気密・保温特性・採光特性・換気特性を有しています。また、温湿度制御、補光ランプ、遮光カーテン、換気設備など、特殊環境対応設備も提案してくれるらしい。
■施工例
・兵庫県立農業大学研究温室群
・宮内庁生物学御研究温室
・カルビーポテト(株) バイオファクトリー冷暖房空設備
・神戸市六甲森林植物園温室

明るく開放感あふれる屋内空間を実現するトップライト建設
自然の光を取り入れるトップライト建築は、デザイン性・機密性・断熱性・メンテナンスの容易さなどを兼ね備え、多様化する建築空間の中でニーズが高まっております。独自の構造設計ノウハウと経験により、より安全で堅牢な構造物にするため、確かな資材、高度な施工技術、充実したメンテナンス体制を基にトータルサポートを行うそうです。
■施工例
・スポーツ施設:ホテルプラザ大阪
・平屋根タイプ
・太陽光発電型 東名高速海老名サービスエリア上りトイレ

【農業資材・設備】
1強く軽く使いやすい
厳選された素材のみを使用したハウス部材はローコストなうえに強度・耐久性・使いやすさのすべての実現を追求!
2組立簡単
渡辺パイプで取り扱う専門部品はわざわざ業者さんにたのまなくてもご自身で簡単に組み立てられるよう、優しく開発・改良をしているそうです。
3自慢のオリジナル部材!
高品質フィルム留剤・扉・天窓・換気窓などなど、1000種類以上ものオリジナルパーツにくわえ、まだまだ新商品もぞくぞく誕生中らしい。

農業資材
グリーンハウスはさまざまな部品・部材に支えられています。だからこそ、品質を確保することはとても重要!
と同時に、日々の管理が必要なグリーンハウスは生産者さんたちにとって組み立てやすく扱いやすい必要もあるのだとか。
そんな基本的な条件を満たすため、渡辺パイプでは常に独自の部品・部材を開発・改良・製造・供給しているらしい。

○沿革

1953 創業者渡辺次祐により、東京都墨田区亀沢町2丁目6番地に株式会社渡辺次祐商店を設立。パイプとその付属品の販売を開始。
1954 鉄管・継手・バルブの販売を開始。
1955 鋼管継手の製作・鉄管の加工を開始。
1956 排水金具・衛生器具・ビニール管と付属品の新規取扱い。
1957 社名を渡辺パイプ株式会社に変更。千葉県・茨城県に進出。冷暖房機器・ボイラー付属品・高圧用部品の販売を開始。
1958 ポンプ類・鋳鉄管・石綿管・ポリ管とその付属品の販売を開始。
1959 管工器具・パイプネジ切機の販売。
1960 埼玉県・群馬県に進出。鉄骨加工・工場倉庫・建築請負・電化製品の取扱い。
1963 墨田区亀沢に本社ビル建設。
1964 船橋に大管材センター建設。農業近代化の開発に着手。ビニールハウス温室の製作販売。
1965 西関東・東海地区に進出。観用温室・畜舎の請負、園芸資材の開発、全購連指定となる。
1966 北関東に進出。アングルハウス、煙草乾燥室の開発。管材業界のトップになる。
1967 農業用温熱資材・灌水装置・大型ハウス開発。東京都指定となる。
1968 大阪地区に進出。全国営業所に大型鋼材倉庫を完成。
1969 九州地区に進出。
1970 パイプハウス用パーツを各種開発。全国需要の60%を確保。
1971 浄化槽・ポリタンク・ポリバス他、化製品の爆発的需要に対処。
1973 本社ビル地上9階建を新築。
1974 住宅機器事業部門を新設。 ききくらぶ発足。
1978 25周年を迎える。
1981 営業事務の電算化に着手。
1982 農業資材部門において海外(中国・サウジアラビア)に進出。
1984 農業資材取扱い専業者として千葉県に東関東農資センター開設。
水道工事店向け計数管理システム「WATER」を開発。
1985 埼玉県本庄市に養液栽培研究農場を開設。
1986 札幌物流センター開設。
1989 建材部門を新設し、外壁材・外装材・屋根材などの一般建材並びに門扉・フェンス・バルコニー・サンルームなどのエクステリア商品の販売を開始。
1990 建設機械の販売を開始。
1993 全国12ブロック制を2支社(関東支社・関西支社)・4支店(北海道支店・東北支店・中部支店・九州支店)に組織変更。
1994 「セディアシステム」並びに10ヵ年構想を発表。
関東支社を4支店(信越支店・北関東支店・関東中央支店・東関東支店)に分割し、全国を1支社8支店体制に組織変更。
1995 「D2(商品台帳・顧客台帳)」オペレーション始まる。全国の各営業所をサービスセンター(SC)と名称変更する。
1996 「D2オンリーワンワークス」の推進。Aファイル発行開始。
業界初の電子受発注システム「元気くん」が始まる。
1997 「D2エクセレント」を方針に「もっと5つのきっちり」とエリアバイイングがスタート。
パイプハウス総合カタログ「らくちん大百科」第一号を発刊。
1998 「動かせD2顧客シェアNO.1」を掲げ、ワン・トゥ・ワンマーケティングを推進。
1999 「レッツコミュニケーション」をキーワードに、ワン・トゥ・ワン施策を推進。
2000 「さあ、やろう!そこにスピード!」をマネイジメント・キーワードに積極施策を展開。
事務センター(4ヵ所)の設置。グリーンハウス・マテリアル事業ユニットISO9001認証取得。
2001 「システム&ハート」をキーワードに、セディアシステムを次代に合わせて進化させた施策を推進。
2002 「真剣勝負の一年」「パワーエンジニアリング全開」をキーワードに施策を展開。
中期3ヵ年計画ビジョン’04を推進。
一般ユーザーの対応も行う新業態の「水まわり快適館」札幌南店を開設。
2003 「いくぞ!!D2の底力」「知恵を楽しもう、力を湧き出そう」をキーワードに施策を推進。
住宅施設機器販売を専門に扱う営業拠点を首都圏中心に開設。
創立50周年を迎える。
2004 「Reしよう!」「10年目のセディア品質」をキーワードに施策を展開。
セディアシステム10年目を迎える。
2005 「次の一手、楽しもう」「セディア進化論」をキーワードに施策を展開。
中期3ヵ年計画ビジョン’07を推進。
代表取締役渡辺元が、東京商工会議所第一号議員当選。日本経済団体連合会(経団連)に入会。
株式会社建材社と業務提携を締結。坂田建設株式会社の再生支援として徳倉建設株式会社とともに出資。
2006 「セディアスタイル&セディアパワー」をキーワードに施策を展開。マテリアル事業を富士鉄鋼資材株式会社へ譲渡。株式会社エドビの経営権を取得。株式会社イトカンの経営権を取得。電設資材を専門に扱う営業拠点を開設。
2007 「セディアクオリティーNO.1」「セディアスマイルストーリー」をキーワードに施策展開。
西日本シーアイ販売株式会社の全株式を取得し、「渡辺パイプ・西日本株式会社」と社名変更し、グループの一員となる。
2008 「価値をつなぐ」「笑顔をつなぐ」をキーワードに施策を展開。
キザイ産業株式会社の全株式を取得し、グループの一員となる。
2009 「価値創造」「303の知恵」をキーワードに掲げ施策を展開。社章を新しく「SEDIA」マークに変更。三興電材株式会社、新潟電材株式会社、協伸株式会社がグループの一員となる。
2010 「顧客の創造。」「いま、共に考えよう。次のセディアへ。」をキーワードに施策を展開。コーポレートステートメントを「スマイル」へ刷新し、新しいイラストデザインとともに発信。新たに三幸機器株式会社がグループの一員となる。
2011 「D3イノベーション」「SMILE」をキーワードに3ヵ年計画がスタート。本社を墨田区亀沢から中央区築地に移転。新たに株式会社ケンパンがグループの一員となる。
2012 「YOUTH」「次の取り組みへ」をキーワードに施策を展開。水と住まいの事業部では、梅津管材株式会社、昭栄商事株式会社がグループ会社の一員となり、渡辺パイプ・沖縄株式会社を新たに設立。グリーン事業部は、初の海外拠点Watanabe Pipe Vietnam Co., Ltdを設立。
2013 「FRONTIER」「はじめよう、Be YOUTH。拡げよう、KAITAKU」をキーワードに施策を展開。
株式会社資材社、ヤナギ管材株式会社、西日本グリーン販売株式会社、株式会社ナプロがグループ会社の一員となる。創立60周年を迎える。
2014 「価値を運ぶ。」「FRONTIER」をキーワードに施策を展開。明興電機株式会社、株式会社大成商会がグループ会社の一員となる。資本金を51億円に増資。セディアシステム20年目を迎える。

○「SEDIA SYSTEM」とは?

渡辺パイプのセディアシステムは、Service&Engineering Dialogue System、つまり「サービスと技術で対話するシステム」を意味しているそうです。渡辺パイプ、およびグループ全体が目指す理想的な企業活動の象徴であ り、商品、サービス、ネットワーク、人、そのすべての品質と信頼の証として、大切にしているブランド。
1995年のこと。お客さま、メーカーの皆さんをはじめ、渡辺パイプを取り巻くすべてにメリットがある仕組を築き上げなければ業界全体の未来は無いと考え、抜本的な改革に取り組みました。その「革新への挑戦」を象徴するシンボルとして生まれたのが、セディア システムだそうです。
試行錯誤のスタートでしたが、たくさんのご協力をいただきながら、一歩づつ、チャレンジとイノベーションを積み重ねていったそうです。そしてい ま、セディアシステムは渡辺パイプのための革新のシンボルから、皆で共に育てる信頼のブランドへと進化しつつあります。水と住まい、農業のあしたを真剣に 考え、すべての人と笑顔を分かち合いたい。渡辺パイプではそんな元気な生環境をいつも描いて、これからも新しい取り組みに挑み続けていくそうです。

*セディアのビジュアルストーリー
シンプルロゴタイプの末にいくほど太くなる書体は、源流から下流までの恵みの流れを表し、シンボリックな円は大切な地球や人の和、善循環の象徴を表現しています。

○私たちのつながり

【全国を結ぶ業界ナンバーワンのネットワークで、お客様へオンリーワンのソリューションを届けているそうだ。】

・70,000社を超えるお客様からの信頼
渡辺パイプでは創業以来、「すべてはお客様のために」を合い言葉に、お客様の工事を全力でバックアップしてきました。そして1社1社のお客様との関係を育んで、全国のライフラインの整備に携わるお客様、家づくりに携わるお客様から厚い信頼をいただいています。

・3,000社を超えるメーカー・協力企業との連携
渡辺パイプの商品供給力の高さは、メーカー様や協力企業様との信頼で結ばれたネットワークから生まれています。効果と成果を共有するために、商品発注や納品管理も緻密にして、そのつながりを商品供給力に活かしてるそうです。

  • 最終更新:2017-07-06 15:46:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード